Hokkaido

北海道ツアー

北海道ツアーとアクティビティ

北半球には秋がやってきます。日本では紅葉狩りの時期です!毎年、全国の群衆が最も美しい場所に集まり、季節が変わり、葉が緑から赤に変わります。素晴らしい天気と色とりどりの景色で、日本を探索する絶好の機会です。北海道では、スキーリゾートへのロープウェイは、冬の白とは途中の景色が異なります。

定山渓温泉

北海道は紅葉の季節が他の地域よりも早いため、北の方が気温が早く下がり、葉の色が早く変化するためです。
2019年に紅葉を見に行く場所のトップ10にある定山渓は、北海道札幌市の温泉がある場所です。

双見橋

国立公園のすぐ内側には、二見吊橋【二見吊橋】があります。
場所のトップ10リストで4位にランクされているここでは、山、川、谷、橋の組み合わせを赤と黄色の混合色で楽しむことができます。

橋の周りの公園に沿って長い散歩をするか、橋にまっすぐ行って全体の景色を1つで見ることができます。

住所: 4北海道札幌市南区湯の花定山渓西061-2302
冬の間は橋にアクセスできません。
定山渓周辺をライトアップする10月21日までのスペシャルイベント。 (入場無料)
F紅葉の季節: 10月上旬から10月中旬まで。

定山渓の風光明媚なロープウェイ

定山渓観光案内所から札幌国際スキー場まで。

紅葉の時期には、定山渓の丘を登ってスキーリゾートに向かうゴンドラが、観光客にとって風光明媚なロープウェイに変わります。
普段は見えない高台からの眺めが楽しめます。

チケットは大人1200円、高齢者1,080円、12歳未満の子供600円で販売されています。

風光明媚なロープウェイは9月21日から10月14日まで開いています。

登別温泉

登別温泉は北海道で最も有名な温泉地のひとつです。リゾートタウンの真上にある壮大な登別地獄谷や「地獄の谷」(または「地獄の谷」)には、登別のさまざまな種類の温泉水面がたくさんあります。登別は支笏洞谷国立公園の一部で、火山岩と美しい青い湖と空の興味深いコントラストです。

:JR登別駅駅からバスで15分

登別地獄谷

地獄谷は、登別温泉の町の真上にある壮観な名前の谷で、高温の蒸気の噴出口や硫黄の流れなどの火山活動が見られます。登別の温泉の主な源泉は、2万年以上前の大噴火でできた場所です。冬の間、地獄谷の上の遊歩道のいくつかはアクセスできないかもしれませんが、問題はありませんでした。

大湯沼川の天然足湯

大湯沼沿いの地獄谷の近くには、大湯沼と呼ばれる川があります。まだ暑いので、川は森の中を流れ、ヘルバレーとはまったく異なる体験を生み出します。川は数百フィートあり、川からの天然温泉であるため、天候によって気温が変化します。日本の天然足湯を楽しむのに最適な場所かもしれません。

小樽運河

小樽のシンボルは、北海道ではないにしても小樽運河であり、通常は北海道の必見の観光スポットです。日本が西洋化した1923年に完成した運河は、北海道で増加する船を支えるために建設されました。運河沿いには、ガス灯が灯る夜に最も美しい小樽の赤レンガの歴史に忠実な美しい古い建物があります。興味があれば、イタリア映画で見られるゴンドラの乗り物を思い出させる「小樽運河クルーズ」に参加することもできます。

住所: 5北海道小樽市港町
: JR小樽駅から徒歩10分

白ひげの滝

美瑛の温泉街、海抜600メートル(1968フィート)にあるこの滝の高さは30メートル(98フィート)です。白髭を意味するその名前(白鬚と書かれていますが、白鬚と発音されます)は、岩の間を流れる水が白髭に似ていることに由来しています。岩の下から湧き出る水が下の岩に勢いよく流れ込み、コバルトブルーの美しい水しぶきを生み出すため、日本では珍しい特別な滝です。

住所 : 北海道上川郡美瑛町白金
: 美瑛駅 – そこからバスに乗る

青い池

白鬚からさらに下流に行くと、青い池に出くわします。青い池は、海抜約500m(1640ft)の木々に囲まれた人工の池です。もともとは美瑛の町を火山性の泥流から守るために作られたもので、美瑛川自体から見事な青色になっています。周囲の滝や美瑛川のアルミニウムを含む温泉の水と、伊王川(硫黄川)の硫黄を含む温泉が混ざり合った後、光が当たると青みがかった反射があります。したがって、その名前を「ブルーリバー」と名付けました。雪と氷が湖を覆う冬の間、その地域に沿ってライトが照らされるので、冬の間でもあなたは美しい景色を見ることができます。

住所 :北海道上川郡美瑛町白金
: 美瑛駅 – そこからバスに乗る/span>